スペインでの歯科矯正について

みなさん、歯科矯正に興味がありますか?私は歯並びが悪く、いつか歯科矯正をしたいなぁと思うことはありましたが、今までに一度も歯科矯正をしたことがありませんでした。スペインへ来てから、歯科矯正にさらに興味をもち、実際に矯正を始めたので、今回の記事ではスペインの歯科矯正について詳しく説明します。

歯科矯正の種類について

① ブラケット

歯科矯正の中でも最も一般的と言われているブラケット。ブラケットの中でも種類があります。一般的に知られているものから透明で色がついていない目立ちにくいものがあるので、個人で選択が出来ますが、素材が違うため料金に差があります。私は装置のみ透明のものを選びました。

②マウスピース

マウスピースの方がブラケットよりも痛みが少ないと言われていますが、値段はブラケットよりも高くなってしまいます。また抜き歯を必要とする矯正にはマウスピース矯正は向かないので、歯医者さんと相談しましょう。デメリットとして食事や入浴には向かないので、食事や入浴の際に取り外し、その後すぐにまたマウスピースを装着する必要があります。取り外しができることから、自分自身での管理となるため、装着を忘れたり、装着時間が少ないとその分矯正期間が伸びてしまうというデメリットがあります。

Primera visita(初診)

まずは予約を取り、いろんな歯医者に行き、値段や方法を相談し、納得のいく歯医者さんを探しましょう。というのもスペインでは歯医者により値段に差があります。しかし、値段のみで決めてしまうと技術があまり良くなく、歯の寿命を縮めてしまうこともあります。ですので、値段ではなく信頼できる歯医者さんを選びましょう。

どのように矯正をするか決まったところで、まずは口のケアからなので、虫歯があれば虫歯の治療から入ることになります。その後、ブラケットを開始し、一定期間歯医者に通うことになります。ブラケットが取れてからは、矯正した歯を固定するために夜はマウスピースを一定期間つけるようになります。

値段について

スペインでは、値段については歯医者によって差があります。安い歯医者さんでは1000€や1500€のような激安がありますがあまりオススメしません。というのも彼らは値段だけで技術が良くなく場合が多く、あとで問題が起こる可能性があります。一般的な良い歯医者さんの相場は、3000€から5000€くらいかと思います。ただし、矯正期間や歯の状態に値段は変わってきますので、あくまで参考程度にお願いします。

ちなみに私が選んだ歯医者さんは3500€でしたが知り合いの紹介だったため合計3150€で、矯正が終了するまでです。私の歯の場合、目安として1年半から2年かかるようです。その後、マウスピースでの固定となるようです。支払いは一括払いはもちろん、分割払いも出来ますが各歯医者さんに確認しましょう。

私の場合

私の場合は抜き歯を必要とする矯正になるため、ブラケットでその中でも目立ちにくい物を選びました。私の歯医者さんでは支払いは融通がきくので、頭金として150€を払い、月々120ユーロを2年間にわたって払うことにしました。虫歯が1本ありましたので、虫歯の治療とLimpiezaをしてもらいました。私は口が小さいことから後々、3本の抜き歯が必要となるようです。。。現時点では上のみブラケットを装着しており、来月、もしくは再来月に下もブラケット装着予定です。ということで、6月から人生初のブラケットを装着してますが、感想としては、思っていたよりは全然痛くない。笑 

今週、ワイヤー交換をしてもらったのですが、激痛でした。笑 装着時よりワイヤー交換の方が私は痛みを感じました。装着後は痛みも引き、今は痛みはありません。

実際に歯科矯正した方々から初日から痛くてご飯食べれんかった。とか聞いていたので、覚悟していたのですが、それほどの痛みはありません。実際にご飯を食べるときに噛む際、若干痛みますが、思っていたより普通にご飯を食べることができます。ですが、装着後数日間はハンバーガーなどサンドウィッチなど前歯で噛むのはブラケットが外れる場合があるので、固いものと前歯で噛むのは禁止と歯医者さんに言われたので、食べる際は全て一口サイズにカットしてから食べていました。食べることが大好きな私にとって食べ方や食べ物を制限させるのは正直辛く、ストレスを感じます。私の場合は痛みより口の中の違和感と食べ物を好きなように食べれないストレスの方が大きいかなと思います。

また途中経過や歯科矯正が無事に終わった際は、このブログで報告したいと思っていますので、興味のある方はお楽しみに!また、質問等ある方はお気軽にコメント欄までお願いします。

コメントを残す