スペインのクリスマスの過ごし方

クリスマスが直近に迫っており、スペインの街ではクリスマスで賑わってます。日本でも街はイルミネーションされ、賑わっていることと思います。今回の記事では、実際にスペインの家庭ではどのようにクリスマスを過ごしているのか紹介したいと思います。

12月は日本同様スペインでも忘年会のようなものがあり、友達や職場の仲間たちと食事をし、遅くまで飲んだりディスコに行ったりします。

そして、スペインのクリスマスは1月6日まで続きます。

クリスマスイブ24日の夜から、ほとんどの店やレストランも閉まっており、25日は休日となってます。普段、週末や休日も営業しているバルやレストランでも12月24日の夜(夕方までは多くの店が営業)から25日は丸一日閉めます。

24日から25日にかけて店も閉まっており、交通機関もかなり乱れているので注意が必要となります。また、26日はカタルーニャ地方では休日になってますので、閉まっている店がほとんどです。観光でバルセロナに来る方は注意してください。ただし26日は少数ですが、レストランなどは営業している場合もあります。その他の州では、平日のため平常営業していると思います。

実際にクリスマスの過ごし方ですが、イブは家族で集まり夕食を一緒に楽しみます。

みんなでわいわいお酒と食事を楽しみ、家族によって多少違いはあると思いますが、プレゼントは24日のイブの夜に交換し合います。ただしお子さんがいる家庭では、25日の場合もあります。子供は日本と同様に25日の朝、朝起きた時にクリスマスプレゼントを受け取り、クリスマスのお昼は親戚中が集まり一緒に食事を楽しみます。スペインでは1月6日はRyes Magosと言い、この日にもプレゼントを受け取る子供たちが多いです。家庭によって1月6日だけや12月25日と1月6日の2日間プレゼントを受け取る子供たちも多いため親たちはお金がかかります。。。笑

日本はクリスマスといえば恋人と過ごすというのが一般的ですが、スペインのクリスマスは家族と過ごすのが一般的になります。

そしてスペインでは12月は宝くじを買います。日本でいう年末ジャンボみたいなもので、多くの方が買います。チケット売り場やバルなど、どこでも買う事が可能ですが、会社ごとに宝くじの番号があり、職場で買う事も出来ます。私は職場で毎年購入してますが、残念ながらまだ当たったことがありません。。。

ちなみに宝くじは1枚につき20€と個人的に少し高いと思いますが、当たれば大きいです!


※写真は去年の宝くじです。

家庭で、複数の宝くじを買うのが一般的で、私の家では今年、合計3枚の宝くじを購入しました。肝心の結果発表はクリスマス前で、今年は明日、12月22日に土曜日となってます。

それではみなさん良いクリスマスを(*^o^*) 以上、スペインのクリスマスの過ごし方でした!スペインの年末年始の過ごし方についても近々書こうと思っているので、お楽しみに(^^)



コメントを残す