スペインのチップ事情

気になる海外のチップ事情。

今回の記事では、スペインのチップ事情について。

私はスペイン料理のレストランでウェイターとして働いているのですが、日本人のお客様から質問をされる事がよくあるので今日はスペインのチップ事情について書きます。

euros

ガイドブックにはスペインはチップは義務化ではないという形で書かれてる事が多いと思います。そのため多くの日本人観光客はチップを置いて行きません。私が働くレストランはバルセロナでは有名で観光客からスペイン人、地元の人が来られます。

基本的にチップを置いていく方が多い中、日本人を含めアジア人は基本的にチップを置いていきません。ヨーロッパやアメリカからの観光客の方は基本的にお釣りを受け取らなかったり、お釣りプラス数ユーロを置いていき、さらに手渡しでチップを頂いたりします。

日本人の方でも私が接客したお客様の中には5€から20€のチップを手渡しで頂く事もありますが、多くのアジアの方は、お釣りが5céntimos (10円以下)だろうとお釣りを受け取ります。もちろん義務化ではないので問題ではありませんが、よく仕事仲間から日本人を含めアジア人はケチだと言われます笑笑 特に韓国人の方は日本人の方よりチップ置いていく事が少ないです。日本はチップの文化がないというフォローをしてますが…笑

チップはあくまでも義務化ではないですが、少しでもいいので置いてってあげてください。たとえば28,7€くらいだと30€出してお釣りは置いて帰るとか、1€以下でもいいので気持ちとして置いて帰ることをオススメします。カード払いの方は金額を少しだけ上乗せして払う事も可能。ただし、サービスが悪かったり、手持ちがない場合は払わなくても大丈夫です。

スペインに来る方はチップは気持ち程度で大丈夫ですので、置いていってあげてください。店員さんも喜びます。

以上、気になるスペインのチップ事情でした。

コメントを残す