スペイン人彼とカップルになるまで

以前の記事で今のスペイン人の彼氏との出会いについて書きましたが、今回は前回の続きを書こうと思います。前回の記事をみていない方は、こちらからご覧ください。

彼と初めて会い、たった一日話をしただけですが、夕方6時半から夜中の1時までの6時間半ずっと会話が止まらず、楽しい1日を過ごしました。こんなに波長が会う人はなかなかいないので、その時は恋人というよりまずは、この人の友達になりたいと思い、出会ったその日から毎日連絡を通るようになりました。朝から夜までお互い連絡できる時は連絡し、気づけば1週間に3、4回会うようになりました。

カップル

家が近所だったということもあり、2日1回くらいの頻度で会っていたので、ご飯に食べに行ったり、映画に行ったりしましたが、会う約束をするときに「次はいつデートする?今度のデートはどこにいく?」と言われ、デートなんだと認識し始めました。

そしてデートを続けていくうちに、彼の友達にも紹介されたり、彼のことを知っていくたびに気付けば好きになっていました。その後、友達か彼氏なのか微妙な時期に入り、彼が1ヶ月間のバケーションに入り、私と出会う前から計画していた彼の男友達と5日間の旅行へ行ってしまいました。

たった5日と思うかもしれませんが、出会ってから5日間も会わなかった日がなかったため、ものすごく寂しさを感じ自分の中でさらに彼を好きな気持ちが大きくなっていたことに気付きました。日に日に好きになっていくのに連れ、不安も大きくなってきましたが彼にそのことは伝えられずただ、彼が帰ってくるのを待つことしか出来ませんでした。彼は旅行中、5日間毎日その日のことをメールや電話で報告してくれ、電話でも「会いたい」とか「寂しい」とか言ってくれていましたが、嬉しさと寂しさが入り混じっていました。それと同時に自分が彼にとってどのような存在なのか、更に気になりはじめましたが、勇気がなく聞くことができない日々が続きました。よく友達に相談にのってもらい、やばい、好きすぎてつらいーなどと話していました。笑

辛い

そして5日後、彼が旅行から帰ってきましたが、私がダウンしてしまい、帰ってきたのに会うことができませんでした。。。原因は親知らずで歯茎が腫れ、発熱、噛むことができないのでご飯もろくに食べることができず、数日間仕事も休んでいました。それを彼に伝えると、彼は「看病するから家においで」と言ってくれて、家まで迎えにきてくれ、そしてその言葉通り私が食べれるようにとスープを作ってくれたり、一緒に病院について来てくれました。結果、その日は丸一日彼と一緒にいて、1日中私の看病をしてくれました。そして、その日に旅行のお土産をもらい、それが彼とお揃いのものだったので嬉しかったのを今でも覚えています。完全に私の心は彼に持っていかれていました。笑

私のことを考えてくれてるのがすごく伝わり、もっと彼を好きになりました。この時、私たちがどういう関係なのかこの時に聞こうとかとも思いましたが、出会ってから1ヶ月も経ってなかったので、せめて1ヶ月経ったら聞いてみよう。と決意をしました。

数日後、体調がよくなり、彼が美味しいご飯を手作りしてくれるということで、彼の自宅にお邪魔しました。そして、なんとこの日に彼の口から「彼女になってくれない?」と言われました!!もう嬉しすぎて自分でもビックリするくらいの即答で「SÍ」と答えました。笑

カップル

という感じで私たちはカップルになりました。私は初めてのスペイン人の彼氏で、彼にとっても初めての日本人の彼女ということもあり、これから先が色々とありますが(良いことも悪いことも含めて)それはまた別の機会に、お話できたらと思っています。ただ、プライベートなことを全てお話しても皆さんのタメになるか分からないので、前回の記事と今回の記事が多くの人に読まれることがあれば、また続編としてスペイン人彼氏との恋愛観や同棲生活でわかる事など様々な記事を書いていこうと思ってます。

もしよければ、Twitter(@aventura_yu_jp)もやっているので、フォローお願いします!

コメントを残す