スペイン人彼氏との同棲生活について

こんにちは、YU(@aventura_yu_jp)です。これまでにいくつか国際恋愛や私の彼(スペイン人)との恋愛についての記事を書いてきましたが、今回はこれらの続編となる、スペイン人彼氏との同棲生活について書きたいと思います。

Día de mudanza (スペインで引越しをする場合、数日間の有給を要求することができます)

スペインで働いている方で引越しをする際は、有給がもらえるので、ぜひ活用しましょう。これはスペイン政府が決めていることなので、スペインで合法で働いている方々は、会社に住民票と家の契約書のコピーを提出するだけでバケーションとは別に有給をもらうことができます。

会社にもよりますが、バルセロナ市内から市内への引越しは1-2日間、市外への引越しは3-5日間の有給が付与されますので、引越しをされる際は活用しましょう!ちなみにこれは契約書付きで合法で働いている方に限りますので、日本人レストランなどで違法で働いている方には適用されない場合が高いですので、会社に確認しましょう。ちなみに私は有給1日間と2日間の休みを一緒にしてもらい合計3日間で引越しをしました。私の彼の会社は2日間、さらに2日間の休みで合計4日間でした。

同棲生活について

同棲生活をすると良い面でも悪い面でも今まで見れなかった一面を見ることができます。私たちは付き合い始めて1年が経った頃から同棲をしています。同棲をスタートするにあたって、家具を一緒に買いに行ったり家具を組み立てたり、掃除をしたりと最初は楽しいことばかりでした。ただし、誰かと一緒に住むということは、相手の悪いところも見えてしまうことにもなり、その生活に慣れるまではケンカが増えてしまったり。。。

そして一緒のベッドで毎日寝るとなると最初はなれなくて睡眠不足が続いたりと悪い部分もたくさんありましたが、その悪い部分よりも良い部分が多く、今では同棲をしてよかったと思います。そしてこの生活が一生続いていけばいいなと思っています。

家事について

日本では、女性が家事を担当する方が多いと思いますが、スペインではそんなことはありません。もちろん人にもよりますが、スペインだけでなくヨーロッパの多くの国は男性も家事を自らする方が多いようです。家事は協力してするものだという考え方の方が多いので、日本人女性にとっては朗報です!笑

私たちは家事を分担しています。簡単な分担表を作ったので、この表で説明していきます。

YU
洗濯、トイレなどの水回りの掃除皿洗い(料理)買い物(一緒)
スペイン人彼Fリビング、部屋、テラスなどの掃除料理(皿洗い)買い物(一緒)

例えば、トイレやお風呂の水回りの掃除、洗濯は私が担当。部屋やリビング、テラスなどバスルーム以外の部屋の掃除は彼が担当。そして、彼は料理をするのが好きなので、基本的には彼が料理担当で私が食器洗い、後片付けを担当しています。私たちは日本食が大好きなので、私が日本食を作るときは、逆に彼が後片付けや皿洗いを担当しています。買い物は1週間に1回まとめ買いをするので2人で買い物へ行きます。そして、体調を崩している時などは、基本的にもう1人が全般をこなします。

金銭面について

私たちは共通の2人名義の銀行口座を持っており、その口座へ各自振込みをします。家賃や光熱費、食費など基本的な共通の出費は全てこの口座で支払いをしています。それ以外の出費については各自個人の口座でやりくりをしています。

このような形で同棲生活を送っています。一緒に住むということは大変なことも多いですが、それ以上に良いことも多いです。こうやって2人で生活していると、金銭面や家事でもお互い協力し合っているので、結婚はまだしていないですが、結婚生活を送っているような感覚です。そして今年の8月で同棲生活1年を迎えるということもあり、すでに事実婚(Pareja de hecho)をし、現在は正式に事実婚のカップルとして生活しています。

事実婚についてはまた今度、どういうものなのか、また申請方法、弁護士の紹介なども含めて記事を書こうと思っています。質問等ある方は気軽にコメント欄までお願いします。

コメントを残す