バルセロナのデモに参加してきました

こんにちは、Yu(@aventura_yu_jp)です。バルセロナでデモが起きている事はすでにご存知な方が多いと思いますが、10月27日12時にカタルーニャではなくスペイン側のデモがあり、スペイン側のデモへ参加してきましたので、そのことについて今回は書きたいと思います。

私個人的には、デモをすることは悪いことではないと思っており、独立したい人たちがデモを起こすことについても悪いとは思っていません。スペイン側もカタルーニャの話を聞こうとしなかったりで、デモを起こすのは当然だと思いますが、今回の独立派のデモは過激になっており、(特にCDRというグループ)街中のゴミ箱のコンテナを燃やしたり、暴力的なデモが続き、カタルーニャは膨大な金額の損失が出ています。私はスペインもカタルーニャも好きなので個人的には独立はして欲しくないと思っていますが、今回の攻撃的なデモでおそらく私たちが払っている税金はこの修復代に使われると思われます。このことについては多くの方が怒りを感じており、今月27日、独立反対派(スペイン側)のデモがあり、多くの方が中心部に集まりました。実は、私も彼と彼の友達と参加してきました。

私が行ったこのデモは比較的平和的なデモで、政府側に訴えるためにはいい運動だと思っています。カタルーニャ政府はもうどうも出来ないので、スペイン政府が何か行動をして欲しいと思っています。これからスペイン国内では選挙がありますので、この問題も選挙に関わってくるかと思います。

何がともあれ、平和なカタルーニャ、スペインに戻ってくれる事を祈っています!この記事はあくまでも私の考えで書いており、一人一人考えていることは違うかと思いますので、ただ1人の考えだと思い、読んでいただければと思います。

スペイン、バルセロナはいいところなので、みなさん、ぜひ遊びにきてください(^O^)

コメントを残す