気になるスペインの平均年収について

スペイン、バルセロナ在住のYU(@aventura_yu_jp)です。今日は、スペインの年収など給料に関することを紹介していきます。

日本の平均年収

まず日本の年収ですが、インターネットの調べによると年収422万円。(2016年のデータ)ただし、男女で見るとかなり違いがあるようです。日本での男性の平均年収521万円女性の平均年収は280万円と男性の平均年収と比べるとなんと241万円の差があり、約二分の一の収入となっています。この結果からもわかるよう日本では、男女格差がまだまだ大きいと考えられます。とはいえ、日本人男性は夜遅く働く方も多いかと思いますので、そう考えれば納得いく部分もあるかと個人的には思います。

スペインの給料

スペインの平均年収(※1ユーロ126円で計算しています)

スペインの平均年収は2016年のデータ(INE調べ)で23.156,3 euros(日本円で約292万円)男性の平均年収25.924,43 euros(約327万円)、女性の平均年収20.131,41 euros(約254万円)男女別で見ると年間で5.793ユーロ(約73万円)の差があるものの、日本と比べると男女の差は少ないと感じられますが、ここスペインではこの格差が問題となっています。

スペインの地域別の平均年収

また、スペインでは住んでいる地域(郵便番号別でのデータ)によって平均年収のデータが出ていますので、少しだけ紹介します。平均年収が1番高い地域はLa Moralejaという地域でマドリード州にあるAlcobendas(アルコベンダス)113642ユーロ(約1432万円)、2番目はVallvidrera-Tibidabo i Les Planesというバルセロナの地域で65700ユーロ(約828万円)、3番目はSomosaguas-HumeraというPozuelo de Alarcónで(マドリード州)62390ユーロ(約786万円)というデータが出ています。3位から10位までも画像をみて分かる通り全て、マドリード(マドリード州)とバルセロナが上位を締めるデータが出ています。

このサイトでスペイン在住の方は郵便番号を入力すると自分が住んでいる地域の平均年収を知ることが出来ます。ちなみにこのサイトによると私たちが住んでいる地域では、32212ユーロ(約406万円)でした。

このようにスペインでは男女格差より地域によってかなり差があるように思えます。日本でもスペインでもどこの国でも女性が出産などをきっかけに仕事を辞めたり産休をとる中でどうしても男女の差が出てしまうので仕方がないことだと個人的には考えていますが、日本は男女の格差が他の国々と比べても大きいと思います。ただし、日本で働く男性社員の中には終電ギリギリまで働く方もいますので、そう考えると女性より収入が多くなるのは普通かなとも思います。


コメントを残す